養成機関を卒業する

核家族化が進む中、共働きの世帯が増えていることで保育士の仕事は、需要のある仕事と言われています。小学校に入学する前の子供たちをサポートする仕事のため保育士の資格を取得しなければいけない仕事です。保育士の資格を取得する方法では、指定されている養成機関を卒業することで保育士の資格を取得する方法があります。国家試験に該当する保育士の試験を受験することなく資格が取得できるため、難易度の高い国家試験にチャレンジすることなく取得できるメリットがあります。しかし、そのためには国で指定された養成機関で勉強することが必要条件となっています。

現在国内で保育士の養成機関として指定されているのは、4年制大学や短期大学そして専門学校があります。これらの学校により夜間や通信制の勉強も出来るようになっているところもあります。短期大学では2年間、専門学校では2年制または3年制の勉強期間を設けられているためこの期間が保育士の資格を取得する期間と言われています。夜間や通信制の短期大学では3年制がほとんどで特定の専門学校では2年制の夜間学科があります。そして大学の場合には4年間勉強して保育士の資格を取得することができます。こちらの方法を採用するメリットは、難易度の高い保育士の国家試験を受験せずに資格を取得することができるメリットです。