保育士試験を受験する

厚生労働省が認定した保育士の養成施設に該当する大学、短期大学そして専門学校以外の人でも保育士の資格を取得するための保育士の試験を受験することができます。しかし、保育士の試験を受験するためには受験資格が必要です。それが、大学、短期大学として専門学校卒業している人が対象となります。そのため高校を卒業した人は、受験資格がないため保育士として働くために必要な保育士の国家試験を受験することができません。

保育士の試験を受験するためには高校よりも上の学歴が必要となります。この時の学歴では厚生労働省に認定されている保育士の養成施設に該当する学校でなくても受験資格をもらえることです。他の大学等で勉強していても保育士の試験を受験して合格すれば保育士の資格を取得することができることになります。

保育士の国家試験は、毎年4万人から5万人が受験する国家試験で筆記試験と実技試験があり合格率は10%から20%台と言われています。年に2回実施しており筆記試験と実技試験の両方に合格しないといけません。しかし、筆記試験に合格した場合には合格した科目は3年間有効になる措置がとられています。また、実技試験は筆記試験に合格した人しか受験できません。そのため学校で2年から4年勉強した後この試験に合格する必要があるため、最短でも3年長ければ数年日時を要することになります。